行ってまいりましたぁ。

  • 2008.10.05 Sunday
  • 00:36
少し前のお話。

学生時代の同期であるハシモからのお誘い。

「牧羊犬の講習会見学いかね??」

はいっ!行きます」と即答。

先月28日の日曜日に神奈川の奥地に行ってまいりましたバスプシュー
観光牧場の服部牧場です。

ここで、工藤さんという牧羊犬のトレーニングをやっている方の
一般の人向けの講習会を見学させていただきました。

自分達が育てている犬達とは別分野ですが、何か得られるものはないか、と興味津々ラッキー











早速、牧羊犬に必要な基本的な動作を見せてもらい、
色々話を聞いてきました。
犬に対する基本的な考え方や教え方に大差はありません。
ただ大きく違うのが、犬に仕事をさせていると言う意識と、犬に求める忍耐力。そして、実際に出来上がった牧羊犬達の作業をさせていない時の言葉への反応と、どんな時でも指導手を意識している、集中力
これは、僕達の育てている犬達とはレベルが違うところにいました。
素質のいい犬を選んでいるとはいえ、ぜひ見習わねば・・・
遠隔の作業もすごかった。
たぶん5〜600mは離れていたんじゃないかな?
口笛ひとつで思うように犬を扱う。
一つの事を突き詰めてやっていけば、ここまでなれるのかぁ。う〜むぅしょんぼり
と感心させられてのである。
そして、さらに驚かされたのが、誉めていない事。
犬に作業をした、達成感を持たせているそうだ。
犬が高レベルになってくれば褒める事が逆にマイナスな行為になる。
自分でもわかっていたつもりだが、ここまでとは・・・と驚愕びっくり



確かに僕らが犬に教えなければいけない作業は、牧羊犬のそれよりはるかに多い。
しかし、ひとつの作業に対して求めるレベルを見直さなければならないのではないか?と、一人で勝手に思い込んでいる。
競技会に出せるレベルで満足しているようでは上達しない。
学生時代森脇先生から言われた言葉が脳裏をよぎります。

いやぁ、ほんとに為になったと、喜んで帰宅したのである。

それにしてもハシモのやつ、行きも帰りも車の中でよく寝ていたたらーっ・・・

また行こう。


奥多摩弾丸ツアー (七月四日の日記から移行)

  • 2008.08.26 Tuesday
  • 20:26
午後から時間が空き、天気予報ではあめ雨が降るとの予報でしたが、

ふとっ思いつきで奥多摩へ弾丸ツアーに行ってきましたグッド

 移動中雨がポツポツ・・・。そんな悪天候にもまけず、車内は大はしゃぎで、強行突撃をかけてきました。

 自称晴れ男の私、到着したときには暑いほどの晴天おてんきおてんき!!

 そんなこんなで三時ごろ無事到着した私達は、愛犬4頭をワラワラさせて川へ直行。

 すげーつべてってれちゃう!でもこの暑さにはチョー気持ちいい。犬どもは水の中へまっしぐらでした。

 流れも強かったので、浸かる程度で遊ばせようと思いましたが、
結局ガンガン入っていって泳ぎまくり。

ボールで、木で、フリスビーでと、思い思いに遊んでました。約一匹はモジモジしながらガタガタしてましたけど。

途中、ちびっ子達の乱入をくらい、流されるんじゃないか?
とはらはらしながらあっという間に二時間経ち、びしょ濡れのの体を拭いて帰宅。

案の定アルクとディコはいつものように足の裏をすりむいていました。

まあ本人達が喜んでいればいいか・・・・


他の写真はこちらで・・・

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

T-DOGS ホームページ

ついーとぉ


selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM